本文の開始

LINE見守り - 行政・地方自治体の方(都道府県/市区町村)

数日ごとにLINEを使って安否確認、あなた(自分)を家族(親・子など)に変わって見守ります。
日常生活の中でも単身者による孤独死や突然死のリスクを回避。

LINEを使って安否確認・見守りサービス。

トップページ > 行政・地方自治体の方(都道府県/市区町村)の見守り

行政・地方自治体の方へ(都道府県 / 市区町村など)

見守りサービスのついて

行政・地方自治体の方へ

日本全国の高齢者未満の方が利用されています。中にはもしもの際の連絡先として近親者を登録できない方は、ケースワーカーや民生委員、役所の生活支援担当などを登録されています。

また、登録された近親者が高齢で地方にお住いのケースも多く、もしもの際に実際に駆けつけて頂ける行政は、ぜひご連絡下さい。登録利用者に確認の上、体制構築を行います。

グループLINEによるつながりサービスについて

地域の民生委員、町内会や自治会、過疎地域の地域住民同士など地域の人とのつながりで単身者を見守る手軽な手段として注目されています。

個人情報を入力しなくとも、定期的に届く安否確認にOKをタップするだけ。配信23時間後には未確認者情報を通知しますのででグループ内でお互いの無事を確認でき、気になる方にはすぐに連絡することが可能です。

ご興味がある行政・自治体の方は下記のお問い合わせよりご連絡下さい。お試しやテスト運用などでの対応をさせて頂きます。

お問い合わせはこちら


ページの終了